単発・短時間勤務可のベビーシッターの求人

ベビーシッターの求人を見ていると、週に1回から可能。短時間からOK。という記載を多く目にします。この条件の下で働くことは、ベビーシッターとしての働き方の中でもパート・アルバイトの求人と個人事業主として会社に登録する働き方に限られます。
単発や短時間でも効率良く働く方法をご紹介します。ビル管理の求人にこだわるよりもいいかも?

●個人のお客様から短時間の依頼を受ける

個人のお客様からのご依頼の場合は、お客様からのご依頼の時間とベビーシッターの勤務時間を会社がマッチングをして条件が合うベビーシッターへ依頼が来ます。その為、希望時間と多少前後しても勤務が可能であるかということを聞かれることが多くあります。短時間からOKと書かれていたとしても、必ずしも自分の希望する時間に依頼があるとは限らないのです。

また、同じ短時間であってもお客様からの依頼が多い時間帯と少ない時間帯があります。例えば10時から13時のご依頼よりは14時から17時のご依頼の方が多くなります。その理由としては、お子様が幼稚園や小学校から帰宅後にお世話を依頼するからです。

同じ時間数でも、お客様からの需要をある程度知っておくことで依頼の数が変わってきますので、働く日数や時間数のみを決めている場合には、依頼が多い時間帯を会社に尋ねてみてください。少ない時間の中でもコンスタントに依頼を受ける事で安定した収入を得る事ができます。

コメントは受け付けていません。