避けるのではなく慣らす

小さな子供への食べ物は気を付けなければならないということは、子育てをしたことがない私でも知っています。
アレルギー反応が出ないように、というのは大切です。
しかし、国立成育医療研究センターのチームによると早めに原因のものを摂取した方が良いということですよ。
アトピー性皮膚炎と診断された乳児が生後6カ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるのを約8割減らせるらしいのです。
アレルギーの原因となるものは避ける、というのが普通なのかと思っていました。
しかしこのことから、早めに摂取して慣れるべきってことですね。
清潔にしすぎて、雑菌から子供を守りすぎると免疫力が少なくなるというのと同じですね。
子育て方法ってどんどんかわってくるんですね。

コメントは受け付けていません。