話題性はあったけど

五十嵐貴久さんの『愛してるって言えなくたって』を読みました。
妻子持ちの課長が大手から中途で入社した一回り年下の男性社員のことを好きになるという異色の内容です。
結論から言うとつまらなかったです。
妻子までいるのに、自分は今まで恋という恋をしていないのではないか?って思い悩むアラフォー。
ゲイではないのに何故かほおっておけない気にさせる彼についても、どこがそんなに良いのかさっぱりわかりません。
とくに魅力は感じないのに、彼のことをみんなが好きになっているのも違和感がありまくりです。
タイトルは主人公の気持ちかと思ったら、彼の気持ちだったみたいです。
苦しい恋をしているようだってだけで、本当のことはわからない終わり方。
この本、なんで発売しようと思ったんですかね。