出所後の雇用

刑務所に収監されている人は重罪以外の人は、いずれ社会に戻るわけです。
出所後の雇用というのは、再犯を防止するためにも社会では必要なことです。
受け入れることが出来る企業が必要。
受皿があるかないかで出所者の将来が決まるというのもわかります。
傷害がある人や出所者を雇うことで国からの補助があるのでそれも手助けにもなるでしょうね。
更生は誰にでも必要な事です。
本当に更生する人はもちろんいますが、その人を犯罪に導く知り合いが近くにいると困りますね。
同じ職場につぐなったあととはいえ、犯罪者がきたら正直ちょっとかまえてしまいますね。
はじめは色眼鏡で見られるのは仕方がないと思います。
それを乗り越えて同僚としての努力をする人は自然と味方が増えると思います。