懐疑的に見てしまう

高校生が教室で同級生を刺した事件
この事件の速報を聞いて、正直いってすぐに思ったのは刺した方が悪いとは限らないということです。
もちろん、加害者と被害者は一目瞭然です。
でも折り畳みナイフを所持していた人が、つもりにつもった気持ちが爆発してしまった可能性だってありますよね。
加害者の保護者は友人関係で悩んでいると学校に何度か相談していたそうです。
これがいじめられていたかもしれない根拠にもなります。
でも保護者の人のその気持ちを言えたか、何も言わなくても察してくれる家族がいるということはこの人にとって救いになりますね。
詳細はわからないので、被害者を勝手にいじめていたのでは?と考えてはいけませんね。
でも簡単なことではないでしょうね。