薬剤師の的確な答え

病院へいけば一番早いのですが、ちょっと恥ずかしい気持ちがあって行く事を躊躇してしまっています。
友人にも相談できないので、気休めにと近所のドラッグストアで市販の薬を購入しようと思いました。
久しぶりにその店にいくと、いつの間にか処方箋薬局になっていました。
ということは、中には薬剤師がいるということですよね。
もしかしたて相談してみたら、何かいい対応をしてくれるかもしれないと私は思いました。
薬剤師は3人ほどいましたが、その中の女性の薬剤師に話しかけてみました。
自分の症状を話すと、やはり市販の薬よりもちゃんと診察を受けたほうがいいといいました。
しかし、市販のものでも効く事は効くというのです。
ですが、その薬を使い続けていてもそれ以上の変化はないということでした。
一応その薬を買ってみましたが、やはり多少の効き目はありましたが結果は薬剤師の言うとおりでした。
病院に行き診察してもらい、また処方箋を彼女のところにもっていきました。
「良かったですね、これで安心できますよ」
彼女のその一言がすごくありがたくて嬉しくなりました。
薬剤師の的確なハキハキとした答えのおかげで病院へ行く勇気が出たのです。

<リンク>東京で薬剤部長の転職を考えている薬剤師さんへ!

趣味の本の話し

「科学探偵 Mr.キュリー」の1巻を読みました。
実は、図書館に2巻しかなくて2巻だけ先に読んでいた本です。
職場近くの図書館にも通うようになって、ここで1巻を発見したわけです。
2巻を読んだのがけっこう前でしたけどなんとなく思い出しながら読みました。
薬学系研究科修士課程修了し、今は大手製薬会社の社員でもある作家さんの話しは毎回、新鮮です。
正直言って読んでいてもよくわからないこともありますけど、いいんですよ。(笑)
事件に関係なくはないですけどね。
理解できればそれはそれで楽しいです。
薬剤師としてはほとんどが分かる!と言いたいところですけど、しかたがありません。(笑)
3巻が出ているのでそちらも読みたいのですが、図書館にないようです。