インフルエンザの流行

11月にインフルエンザが流行がはじまったのは7年振りです。
インフルエンザのウィルスは人間の体のバリアーを破壊して肺炎になることがあります。
ばい菌による感染症が肺炎の原因になるわけです。
肺炎の一番の原因は肺炎球菌
菌に対する防御対応として肺の中に水がしみ出してきます。
肺じゅうにうみのようなものがたまってしまうのです。
聞いているだけで、嫌ですよね?
肺炎の自覚症状としては喉が痛くなる、咳が出て止まらない、普通の痰ではなく泡が出るなどです。
初期は風邪と同じような症状になるのが、すぐに肺炎だと気がつけない難点なんですよね。
ちょっと動くと息切れ、熱が下がらない、咳など一週間以上続くと肺炎を疑って病院に行くようにしてくださいね。