良性の腫瘍

毛の生えた黒子が良いとされているのは、日本だけではありません。
ガンではないあかしでもあります。
毛の組織を壊さないようにしているということは、ガンじゃないのです。
ガンの場合はデタラメに増殖して内部を壊すからです。
ダーモスコープという痛くもないすぐに判断できる機械があります。
ガンは10万人に1人か2人なので心配な人は検査をするのも手です。
皮膚の断面図をみてみましょう。
母斑細胞が増殖してできてしまった良性の腫瘍。
なぜ増殖するのかはわかっていない。
とくに役にも立たないが害にもならない。
メラノサイトという日焼けから肌を守るのに活発に活動している。
ひとたびエラーを起こすと凶悪なガンになってしまう。
見た目は似たようなものです。