慢性腎臓病

慢性腎臓病は新たな国民病と言われています。
2002年にアメリカで新しく検証されたはじめて日本でも2006年からはじまっています。
たんぱく尿などの腎臓の障害がある人。
腎機能が60%未満に低下している人。
この二つのいずれか、もしくは両方が三か月以上持続した状態のことを慢性腎臓病といいます。
慢性腎臓病患者は430人に1人で、将来慢性腎臓病になりそうなのが国民の20人に1人と言われている。
なぜ、最近注目を集めているのでしょうか?
透析をしている患者さんが急激に増えていて、腎不全の予備軍として経過をみなければならなちと言われています。
早期発見をすれば治るとされてきています。
今はどんな病でも早期発見が重要ですからね。
慢性腎臓病の対策をすることが大切です。