夏バテの意外な原因

夏バテは夏特有のもので脳を錆びさせてしまう現象からきているといことを知っている人はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
夏は寝苦しかったりすると疲れが蓄積してしまいますよね。
アクティブに動き回るが疲れを感じない、隠れ疲労があります。
板身、発熱とともに体が発する危険信号なのが疲れなのです。
身体が知らぬ間に限界に達してしまう
一番の原因は暑さと寒暖差です。
人間として均等を保とうとして汗をかいたりして、自律神経が一生懸命元の状態に戻そうとすることで疲れてしまうのです。
自律神経は呼吸や体温調節に必要です。
活発なのを交感神経が行い、安静を副交感神経が行います。
交感神経がフル稼働して疲れ果ててしまうわけですね。