夏には注意

暑い日が連日続くとテレビやメディアで何回も熱中症という言葉を聞きますよね。
しかしそれ以外に夏は脳卒中に要注意の季節だってご存知でしたか?
脳血管疾患イコール脳卒中です。
病気の総称のことを脳卒中というわけですね。
脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、油の塊が血管につまることです。
夏場なら脱水で起きることがあります。
7割は脳の血管がつまる脳梗塞です。
水分不足で血液の粘土が高くなり血管が詰まりやすくなる。
熱中症もですが、脳梗塞の予防は水分補給が大切です。
日進月歩で治療は進化しています。
掃除機のように詰まったものを取り出す、コルクを抜くような形でする治療など患者の情報をスマホに転送できて医者がどこにいても情報共有します。