いろいろな難聴

難聴にはさまざまな種類があります。
内耳、神経の難聴を疑う場合や年齢による感音難聴、内耳や神経の異常による難聴などです。
音の振動が伝わると有毛細胞が揺れて音の収縮を伝えています。
高い音を感じる部分から有毛細胞は壊れていき、一度壊れると再生しません。
内耳の病気、エニメール、神経腫瘍
伝音難聴は外耳と中耳に問題がある場合に出てくる症状です。
耳かきで鼓膜に傷とつくことがあります。
耳垢は自然に中から出てくるので自分で取ろうとしない方が良いのです。
自浄作用が本来耳には備わっているのです。
う~ん。でも私は耳の中が痒くなってしまうとどうしても耳かきを使ってしまいます。
だから傷ついてたまに腫れたりします。
止められない事なので十分注意してみるしかなさそうです。

副作用なく取り出す

アミロイドベーダを副作用なく取り出すという画期的なことを勧めている研究者がスイスにいます。
投薬前と投薬6か月後で脳内のアミロイドベーダが現象していることが脳の画像ではっきりとわかります。
これはかなり画期的な薬じゃないですか!
しかし、この薬はいまだに世には出ていません。
アミロイドベーダは発症まで25年かけてたまるが、発症後には減少していきます。
発症したあとにアミロイドベーダを取り除いても効果は期待できないとされているからです。
では発症前に投与するべき!なんですけどそれもまた難しいのです。
家族性アルツハイマー病の方の協力によって、一般のアルツハイマー病の人への治療にもつながります。
でも少しずつでもアルツハイマー病への対策を進んでいるのです。

 

妊婦と温泉

妊娠中の人は温泉には入ってはいけない。
これは温泉でも注意喚起されているものであり、有名ですよね。
でもなんで入っちゃいけないんですかね?
今、その入ってはいけないというのに根拠がないということがわかったそうです。
禁忌症の人は入ってはいけないとなっています。
禁忌症とは温泉療法をしない方が良い病気のことです。
妊娠中の初期と末期は入らないようにという注意書きがありますよね。
環境省が制定しています。
昭和42年に一度改定して妊婦という文字が入った。
何故はいったのかわからないままだった。
温泉の成分が妊婦に影響がない
産婦人科の先生は温泉が禁止されていたことを知らなかった人が多いみたいです。
温泉浴場ですべって危ないなどで禁止されているのかも?
ただ、赤ちゃんにはのぼせるのは良くない

接客業に転職したい・・・

毎日寒いですね~~。
この時期は一番冷える時期なので、つらいです。
私は倉庫作業が主な仕事場なのですが、この倉庫に暖房入ってなくて、つらいんですよね~。
指がかじかんで上手く作業ができないし。
夏は逆にむしむし暑くてつらいです。
もう転職しようかな~と考えています。30代の転職活動ってどうなんですかね。
給料もそれほどいいわけではないですし。
転職に有利なスキルや資格がないのがきついですが、今の職場にいるのは嫌なので。
そもそもなんでこの職場に入ったんだろう・・・。
就職活動に失敗して、一時的にとバイトとして入ったらいつの間にか正社員になっていたんですよね。
人間関係はそれほど悪くない・・・というか、悪くなるほど人と接しないんですよね。
それもさみしいんですよね~。
一人暮らしなので、下手をすると誰とも話さない日もありますし。
ペットも飼いたいな~。
犬猫は苦手なので、金魚などの魚を買いたいです。
転職するなら接客業がいいな~。
飲食業は昔バイトでやっていましたがつらかったので、飲食業以外の接客がいいです、絶対。
今日から少しずつ転職先を探します。
今の仕事は平日休みになることもあるので、面接も行きやすいですし。
転職先決まってから今の職場を辞めようと思います。

医師には残業がありません

医師っていうと、カネもってそうなイメージがあるかもしれませんけど、そんなこともないんですよ。普通に勤務してるだけですから。医師の中でも開業医は、ある程度以上のカネをもってるかもしれませんけどね。ふつうの病院の医師の求人は大したことないようにおもいますね。

第一、残業がないんですね。診療科にもよるとは思いますが、普通に会社勤めをしてると、残業があるでしょ。職種によっては、その残業代で食ってる感すらあるわけですよね。ところが、医師ってのは残業がないんです。普通に、勤務が終わる時間で帰るんですね。残作業、なしです。

ですから、何年かに1回、同窓会なんてのがあると、同年代の会社員が羨ましくて仕方がありません。イヤでも収入の問題になって、そんなことを耳にしちゃいますから、ガッカリするんですよね。自分なりにビシッとやってるのに、医師って、もらいが少ないんですもん。

でも、カネもってそうなイメージを壊すわけにも行かず…。誰に気を遣ってんのかわかりませんけど、医師って儲からない、っていう定説を、誰か、有名な医師にいっていただきたいものです。

誰か、テレビに出てるような有名な発言力のある医師が、「案外、大変なんですよ。切り詰めて生活してるんですよ」って告白しないもんでしょうか。

あ、テレビに出る有名な医師なら、裕福、ってことでしょうかね。

かわった味の飲み物

チョコミントの味がするビールが発売されるそうです。
その話しを聞いて、こないだまでチョコミントのアイスをたくさん食べていたということを激しく後悔しています。
だってすごくおいしかったんですよ。
そしたら体重が増えてしまいました。
自分で食べたのだから自業自得なんですよね。
ということを思い出させたこのビールですが、そちらに手を出すことはありません。
だってビールは嫌いですから、そこは安心できます。
ビールを飲んだというか舐めたというか少しだけ味わったのはもう10年以上前でした。
二十歳過ぎてお酒に慣れていないときだったからおいしく感じなかったのかなとも思いますが、今更ビールを飲もうと思うことはありません。
味覚は変わっていないかもしれませんしね。

良性の腫瘍

毛の生えた黒子が良いとされているのは、日本だけではありません。
ガンではないあかしでもあります。
毛の組織を壊さないようにしているということは、ガンじゃないのです。
ガンの場合はデタラメに増殖して内部を壊すからです。
ダーモスコープという痛くもないすぐに判断できる機械があります。
ガンは10万人に1人か2人なので心配な人は検査をするのも手です。
皮膚の断面図をみてみましょう。
母斑細胞が増殖してできてしまった良性の腫瘍。
なぜ増殖するのかはわかっていない。
とくに役にも立たないが害にもならない。
メラノサイトという日焼けから肌を守るのに活発に活動している。
ひとたびエラーを起こすと凶悪なガンになってしまう。
見た目は似たようなものです。

新・垂里冴子のお見合いと推理

【新・垂里冴子のお見合いと推理】という本を読みましたよ。
新が付いているということは続編ということです。
それには気が付いていましたが、結構前に発売したもので相当古いです。
前に2冊あることは知っていてあえて最新刊を図書館で借りてみました。
垂水・・がたるみと読むので、名字は垂水さんかと勝手に思っていたらスイリさんでした。
お見合いの度に事件が起こるのは面白そうだと思ったのですが、冴子さん本人よりも家族が出しゃばりすぎのパターンでした。
本人はおしとやかで美人であり、なぜ結婚できないかは謎です。
犯人逮捕には貢献しているのですが、そこに至るまでが面白くないです。
なにしろ外野が邪魔で主人公のキャラがたっていない印象でした。

 

慢性腎臓病

慢性腎臓病は新たな国民病と言われています。
2002年にアメリカで新しく検証されたはじめて日本でも2006年からはじまっています。
たんぱく尿などの腎臓の障害がある人。
腎機能が60%未満に低下している人。
この二つのいずれか、もしくは両方が三か月以上持続した状態のことを慢性腎臓病といいます。
慢性腎臓病患者は430人に1人で、将来慢性腎臓病になりそうなのが国民の20人に1人と言われている。
なぜ、最近注目を集めているのでしょうか?
透析をしている患者さんが急激に増えていて、腎不全の予備軍として経過をみなければならなちと言われています。
早期発見をすれば治るとされてきています。
今はどんな病でも早期発見が重要ですからね。
慢性腎臓病の対策をすることが大切です。

夏バテの意外な原因

夏バテは夏特有のもので脳を錆びさせてしまう現象からきているといことを知っている人はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
夏は寝苦しかったりすると疲れが蓄積してしまいますよね。
アクティブに動き回るが疲れを感じない、隠れ疲労があります。
板身、発熱とともに体が発する危険信号なのが疲れなのです。
身体が知らぬ間に限界に達してしまう
一番の原因は暑さと寒暖差です。
人間として均等を保とうとして汗をかいたりして、自律神経が一生懸命元の状態に戻そうとすることで疲れてしまうのです。
自律神経は呼吸や体温調節に必要です。
活発なのを交感神経が行い、安静を副交感神経が行います。
交感神経がフル稼働して疲れ果ててしまうわけですね。